子どもとスマホを守るためのアプリがあるって本当?

安全にスマホを使わせる方法

利用を制限すると安心

サイトの制限をすることで、子供が有害なサイトを閲覧する危険性が低下します。 アプリを使えば簡単に制限できるので、利用してください。 有害サイトで知らない人と知り合い、事件に巻き込まれてしまうかもしれません。 事件を未然に防ぐことを心がけましょう。

長時間の利用は悪影響を与える

前もって、スマホを利用できる時間を決めてください。 子供に長時間使わせると、目や脳に悪影響を与えます。 学業の妨げにもなるので、時間の制限をかけるのもいいですね。 アプリで、スマホを利用できる時間を決めておきましょう。 時間が過ぎると、それ以上利用できなくなります。

子供が見られるサイト

有害なサイトにアクセスできないよう、最初から利用を制限するのが良い方法です。
専用のアプリを使えば、子供に悪影響を与えるサイトや、出合い系サイトなどにアクセスできなくなります。
子供が勝手に出会い系サイトに登録して、事件に巻き込まれる事件が増えています。
ある程度子供が大きくなったら、制限をいくつか解除して使用できるアプリを増やしてください。
あまりにも制限してしまうと、子供の自由を奪うことに繋がります。

使用できる時間を制限するアプリもおすすめです。
夜遅くまで子供がスマホを使っていたり、1日中使っていると親としては心配ですよね。
利用時間を決めて、使わせてください。
家庭内でルールを決めても、子供が守らないことがあります。
アプリを使えば、制限時間を超えた時に自動でロックされるので、長時間子供がスマホを利用することはなくなります。
スマホは便利なので子供に与えている親が多いですが、利用しすぎると学業などに支障を与えます。

近年問題になっているのは、歩きスマホです。
歩きながらスマホを利用することで、事故に遭ってしまいます。
アプリを使って、歩いている時に利用できない状態にしてください。
スマホに夢中になっていると、周囲が見えなくなります。
車が来ているのに、気づかないで道路を横断するかもしれません。
また自転車に乗っている時、スマホを操作している子供も見られます。
すると歩行者を轢いて、加害者になる危険性があります。

絶対に歩きスマホはしないこと

子供にスマホを与える際は、歩きながら利用しないことを言い聞かせてください。 歩きながら使用すると、注意力が低下します。 事故に遭う可能性が高くなるので、非常に危険だと伝えておきましょう。 アプリで、歩きながら使用できないよう設定すると安全ですね。

TOPへ戻る