安全にスマホを使わせる方法

>

絶対に歩きスマホはしないこと

車に轢かれる事故が増えている

片手で操作できるので、歩きながらスマホを使っている人が見られます。
しかし目線がスマホを向いているので、周囲の状況が見えなくなります。
集中して操作することで、周囲の音も聞こえません。
赤信号なのに横断歩道を渡ったり、車が来ていることに気づかず進んでしまうかもしれません。
そのような事故を防ぐためには、歩きスマホができないように制限しましょう。

アプリを使えば、止まっている時でないとスマホの操作ができなくなります。
子供が事故に巻き込まれないよう、事前に設定しておきましょう。
言い聞かせても、子供はスマホの操作に夢中になってしまうかもしれません。
特にゲームをしている時は熱中して、歩きスマホをする子供が増えています。

自転車に乗りながら操作する

スマホの扱いに慣れたら、自転車に乗りながら操作する子どもがいます。
しかし注意がスマホに向くので、目の前に人が来ても気づかないかもしれません。
自転車で人を轢くと、自転車に乗っていた畝が加害者になります。
子供でも関係ありません。
打ちどころが悪いと、相手が亡くなってしまうこともあることを忘れないでください。

歩きスマホを防止するアプリを使えば、自転車に乗りながらの操作も
できなくなります。
子供は交通手段が自転車ぐらいしかないので、頻繁に乗ると思います。
自転車に乗っている時は前をよく見て、集中することを意識させてください。
道を調べたい時は、道路の橋で止まってからスマホを操作すれば、事故を起こすことはありません。


TOPへ戻る